『家族狩り』天童荒太の詳細天童荒太:家族狩り

天童荒太

家族狩り



新規レビューを書く ⇒みなさんの感想をお待ちしております!!

このミステリーに登録されているタグ

※タグの編集はログイン後行えます

※以下のグループに登録されています。



Check  
 
 

【この小説が収録されている参考書籍】

オスダメ平均点

0.00pt (10max) / 0件

8.33pt (10max) / 3件

Amazon平均点

4.19pt ( 5max) / 95件

楽天平均点

0.00pt ( 5max) / 0件

みんなの オススメpt
  自由に投票してください!!
7pt
サイト内ランク A
ミステリ成分 []
  この作品はミステリ?

  自由に投票してください!!

10.00pt

80.00pt

20.00pt

20.00pt

←非ミステリ

ミステリ→

↑現実的

↓幻想的

初公開日(参考) 1995年10月
分類

長編小説

閲覧回数 4706回
お気に入りにされた回数 4
読書済みに登録された回数 10
■このページのURL

■報告関係
※気になる点がありましたらお知らせください。

このミステリーのあらすじ

家族狩り オリジナル版

2007年09月30日 家族狩り オリジナル版

東京の静かな住宅街で立て続けに起こる、陰惨な一家連続殺人。現場には裸に剥かれノコギリで体中を抉られた両親、宗教家のような姿勢で喉を掻き切った少年の姿があった。自らも家庭に修羅を抱える刑事・馬見原光毅と、第一発見者となった美術教師・巣藤浚介の人生をも巻き込んで、事件は意外な展開を見せる…。山本周五郎賞受賞の名作が、ファンの熱い期待に応え一九九五年当時のオリジナルバージョンで登場。 (「BOOK」データベースより)


このミステリーの評判

書評・レビュー点数毎のグラフです ALL レビュー 潜在点 平均点0.00pt
0.00%
0人
0%
0人
0.00%
0人
0%
0人
0.00%
0人
0%
0人
0.00%
0人
0%
0人
0.00%
0人
0%
0人
0.00%
0人
0%
0人
33.33%
1人
0%
0人
33.33%
1人
0%
0人
0.00%
0人
0%
0人
33.33%
1人
0%
0人

総評: 8.38/10点 レビュー 95件。 Aランク

このミステリーのレビュー一覧

サイトに投稿されている書評・レビュー一覧です

↓みなさんの感想をお待ちしております!! 新規レビューを書く
現在レビューがありません

このミステリーのAmazonレビュー

※以下のAmazon書評・レビューにはネタバレが含まれる場合があります。
未読の方はご注意ください

No.95:
(5pt)

満足してます

新品がなく中古品を購入しましたが、とてもきれいな状態で受け取りました。気持ちよく読ませていただきました。
巡礼者たち―家族狩り〈第4部〉 (新潮文庫) Amazon書評・レビュー:巡礼者たち―家族狩り〈第4部〉 (新潮文庫)より
4101457158
No.94:
(1pt)

読めませんでした。

ドラマを観る前に 内容を把握しようと購入しましたが1ページ目からあまりにも恐ろしくて結局読めませんでした。ビビりの人には不向きです。しかし、あの殺人描写を直読し、想像できる人はかなりの強靭狂人でないとノーマルな人は難しいかも?
家族狩り (新潮ミステリー倶楽部) Amazon書評・レビュー:家族狩り (新潮ミステリー倶楽部)より
4106027429
No.93:
(3pt)

書き込み・・

外見は綺麗でしたが、いざ読むと・・鉛筆での書き込みが数箇所ありました。
・登場人物名るびふり
・段落?のようなかぎかっこ
  等々
また消しゴムのかすのようなものもはさまっていて気分を害するものでした

もう少し本の状態を確認してください
家族狩り オリジナル版 Amazon書評・レビュー:家族狩り オリジナル版より
4103957026
No.92:
(5pt)

迅速な対応に

どこを探しても、家族狩りのオリジナル版が入手できず。新品でしか購入しない自分でしたが、どうしても読みたくて、中古で初めて購入しました。
文庫本の内容と全く違って、本当に読んでよかった本だと思いました。
発注した、もったいない本舗さんが迅速に対応、直ぐに手元に届き、評価以上のきれいな状態で送ってくださったので、更に感激でした。ありがとうございました。
家族狩り オリジナル版 Amazon書評・レビュー:家族狩り オリジナル版より
4103957026
No.91:
(1pt)

カビが大量に付着!!

中古本とはいえ、本の上部にカビが付着していました。せめてふき取るとか、削り取るとかできなかったのでしょうか?
いままでで購入した中で最悪の商品でした。4冊購入のうち2冊もこの状態でした。残念です。
遭難者の夢―家族狩り〈第2部〉 (新潮文庫) Amazon書評・レビュー:遭難者の夢―家族狩り〈第2部〉 (新潮文庫)より
4101457131
No.90:
(1pt)

カビが付着!!!

中古本とはいえ、本の上部にカビが付着していました。せめてふき取るとか、削り取るとかできなかったのでしょうか?
いままでで購入した中で最悪の商品でした。4冊購入した中で2冊もこの状態でした。ざんねんです。
まだ遠い光―家族狩り〈第5部〉 (新潮文庫) Amazon書評・レビュー:まだ遠い光―家族狩り〈第5部〉 (新潮文庫)より
4101457166
No.89:
(2pt)

作者の基本的な力量不足か

重いテーマに対して真摯に向き合っていると思うし、書きたい気持ちは伝わってきます。
しかし、作者の基本的な力量不足を感じました。
例えば、人物の描きわけが中途半端で、キャラクターの造詣が不十分に感じます。
そのためセリフも誰の発言なのか真実味を持って迫ってきません。
内容もスカスカで、こんなに長い話である必然性も感じません。
3分の1ぐらいに凝縮できる気がします。
謎解きへの興味と、残酷シーンへの期待で最後まで一気に読みきりましたが、あまりおすすめできません。
例えば同じ作者の「永遠の仔」よりも二桁ぐらいレベルダウンしている印象でした。
まだ遠い光―家族狩り〈第5部〉 (新潮文庫) Amazon書評・レビュー:まだ遠い光―家族狩り〈第5部〉 (新潮文庫)より
4101457166
No.88:
(4pt)

本当に10年前の作品?

TVドラマに釣られて読み始めましたが,読んでる内に,あっちでもこっちでも類似事件が発生しだしました。
エルム街の悪夢か,と不安になりながら読み続けましたが,最終巻を読み終わって,「ああ,なるほど。」とわかりました。
原作者は,非行問題や家族問題,逆の視点から捜査の手法について,はたまた家庭菜園の園芸書等,専門書はもちろん,時事ネタや趣味の世界まで含め,あらゆるジャンルの本を参考にしてこの書籍を執筆していたのです!
普段は非行問題など,80年代前半の,昔懐かしい話くらいにしか思ってなかったのですが,この作品を通して,あらためて家庭,社会,人間関係には「これが正解だ」といった一元論は存在しない,悩みながら答えを模索していく過程が重要であることに気づかされました。
1~4巻は,各1~2日で読めます。最終巻は,量的にも内容的にも,厚い(熱い)です!
本当は★★★★★にしたいのですが,メンタル的な衝撃が大きすぎる点から,★★★★☆とさせていただきます。
幻世(まぼろよ)の祈り―家族狩り〈第1部〉 (新潮文庫) Amazon書評・レビュー:幻世(まぼろよ)の祈り―家族狩り〈第1部〉 (新潮文庫)より
4101457123
No.87:
(4pt)

ドラマの原作

映画、ドラマの原作は大好きで、4部まで購入し、只今2部購読中です。
今のところドラマほど過激ではなく、介護、家庭崩壊など考えさせられるストーリーに今の時代を見ています。
一気に読んで間もなく5部も購入します。
幻世(まぼろよ)の祈り―家族狩り〈第1部〉 (新潮文庫) Amazon書評・レビュー:幻世(まぼろよ)の祈り―家族狩り〈第1部〉 (新潮文庫)より
4101457123
No.86:
(4pt)

トラウマになった作品

初めて読んだのはまだ十代の頃でした。
ハードカバーで中身はガルシア・マルケスの「百年の孤独」のように1ページに2ページ分で見開きだと普通の文庫の4ページ分になります。かなり読み応えがあります。
天堂荒太氏の本を初めて読んだのは「永遠の仔」でした。
あの作品もかなり衝撃的でしたが、ドラマ化されると聞いた時再読した時も辛くなりました。
今回「家族狩り」がドラマ化されると知り、最初にこの作品を映像化出来るのだろうか?何故今なの?と。
私はこの作品は、10代の頃に1度読んだきりです。

何故なら読書中もグロテスクで気分が悪くなり、読後感が悪く2ヶ月ほど悪夢に魘されました。
本は間をあけて必ず2回は読むのですがこの作品だけは、気分が悪くなり食欲も落ちてしまいました。
その後の悪夢と続きトラウマ状態になってしまいました。
天堂荒太氏は素晴らしい文才と表現力が圧倒的です。
感受性の強い方にはあまりオススメ出来ません。
その後「あふれた愛」を読んだ以降は、
天堂荒太氏の作品は読んでいません。
あまりにも「家族狩り」が衝撃的過ぎて読むのが怖くなってしまいました。
今ではミステリーすら読めません。
どうしてここ迄描けるのか。と思うほどです。
大人になった今読み返したらまた違った目線で読めるのかまだ勇気がありません。
家族狩り (新潮ミステリー倶楽部) Amazon書評・レビュー:家族狩り (新潮ミステリー倶楽部)より
4106027429
その他、Amazon書評・レビューが 95件あります。
Amazon書評・レビューを見る




スポンサードリンク

  


他に見られているミステリ

関連するミステリ小説がありません



ページの先頭へ